ブランド買取 高価買取のコツ

ブランド品を売る時にポイントになる事

ブランド品を買取りに出す時、誰もが高額査定を期待すると思います。高いお金を出して購入したわけですから、売る時も高く売りたいですよね。

ブランド品を高く売るためにはいくつかポイントになる事があります。

なにも考えないで買取に出してしまうと、高価なブランド品も安く買取られてしまう可能性があるので注意してください。

ここではブランド品を売る時にポイントになる事をご紹介しています。

できるだけキレイな状態で買取に出す!

キレイな状態で買取に出す。これは買取に出す時に当たり前になる事ですね。傷や汚れがひどいと買取査定はいっきに下がります。

使用している時からキレイに使う事が理想ですが、日頃から使用していると汚れや傷は必ず付きます。

ですので、買取に出す時には汚れや傷がないかを必ず確かめ、取る事ができる汚れや傷は取ってあげましょう。

キレイな状態で買取に出すことで買取査定ダウンを防ぐ事ができます。

箱や保存袋など購入時の付属品も一緒に買取に出す!

ブランド品の多くには箱や保存袋、ギャランカードなどの附属品がついています。

ブランド品の付属品を購入後にすぐに捨てる人はいないと思いますので、売る時には付属品も一緒に買取に出しましょう。

ブランド品の中には付属品が揃っていないと買取りしてくれない事もありますし、査定が大きく下がってしまう事もあります。

流行ものは高く売れる!

流行っているブランド品はやはり高く売れる傾向にあります。

流行のものを売るのには抵抗がありますが、査定に出してみてどのくらいの買取り金額がつくか確認してみるのもいいですね。

もし、高額査定がついてから買取に出すか、出さないかを検討してみましょう。

買取時に買取査定員はどんな事を確認しているの?

買取時に買取査定員がチェックする事を事前に把握できていれば対策をした上で買取に出す事ができます。

これが買取査定アップに繋がる事もあるので買取査定員が確認している事も頭に入れておきましょう。

【バックの場合】
・持ち手、取っての傷みぐあい
・四つ角の汚れやシミ、傷
・金具、ファスナー周りの汚れやスレ
・内側やポケットの汚れや傷み

【時計】
・フェイスの傷、くすみ
・ブレスやバックルのヨレ、傷、故障
・付属品の有無
・自動巻き、手巻の場合オーバーホールの要否

【財布】
・表面全体や四つ角の汚れや傷
・小銭入れ、カード入れ部分の汚れ、傷み具合
・ファスナーやボタンの痛み具合

査定員はこのような所を重点的に見るので、事前に対策できる事は行ってキレイな状態で買取査定にだすようにしましょう。

ページTOPへ